車査定の前に洗車は常識?!

室内の掃除も忘れずに

車を査定に出す際、意外に車をそのまま出す人がいるのですが、それは大きな間違いらしいです。たしかにどんな状態の車であってもちゃんと査定してくれますし、査定を拒否するような業者はいません。

 

 

 

ですが、車の見た目というのは査定にかなり大きな影響が出ることを知っていますか?

 

 

査定に出す前に少し手をかけるだけで査定価格が高くなる可能性があるのであれば絶対にやったほうがいいですよね。まず、車の見た目、ボディですが、やはり軽く洗車などをしてキレイニしておく方がいいでしょう。

 

 

 

きれいにすることでキズが目立ってしまうと思いがちですが、車体が汚れていようが、査定するプロの目からはキズをごまかすことはできません。キズがばれるのであれば見た目が少しでもきれいな方が印象も良くなります。

 

 

 

また、車内の掃除なども重要な項目です。車内が汚れているだけで印象がかなり悪くなりますし、物が沢山散らかっているような車では物をどかしたりする手間などもかかります。また、臭いもかなり重要です。車内のニオイでは、やはりタバコや買っているペットのにおいなどはかなり目立ちます。

 

 

車を中古車として販売する際も、以前この車でタバコを吸っていたかやペットを載せていたかはとても重要な項目となるんです。そのため、査定する人も臭いに関してはしっかりと確認してくるんですよ。

 

 

 

臭いは簡単には消せませんが、ごまかすことは可能です。査定に出す前日や当日でもいいので、ファブリーズなどの消臭スプレーや、逆にあまりにおいのきつくない芳香剤などを使用しておくといいでしょう。あまり強い香りのものを使用してしまうと、今までのにおいと混じって逆に気分が悪くなるくらい臭くなってしまうので注意しましょう。

 

 

 

見た目に気をつけがちですが、臭いというのは結構注目されるとポイントですので忘れずに対策しておきましょう。

 

 

 

こんなことで車の査定が変わるのかと疑うかもしれませんが、大きく金額が変わらないかもしれないにせよ、見た目がきれいであったり、状態の良い車と言うのは、それだけ大事にされていたという印象をを相手に与えることができるんです。逆に汚かったり臭い車は大事に乗っていたとしてもそういう印象には取られなくなってしまう可能性が台です。

 

 

 

せっかく大事に乗ってきた車ですし、いい印象で査定してもらいたいですよね。そのため、査定前には少し掃除をしたり洗車をしておくとよいでしょう。