自動車保険の等級

等級って大事だと実感するミー

自動車保険の保険料は等級により支払う料金が異なっています。

 

 

これによって、事故を起こさなかった方は保険料がどんどん安くなり、反対に事故を起こしてしまった方は保険料が高くなります。

 

 

保険を使っていない方が保険を使った方よりも有利になるので公平なシステムなのです。

 

 

等級は1から20まであり、数字が大きくなるほど保険料が割引されて安くなります。

 

 

最初は6等級から始まり、もしあなたが1年間全く事故を起こさないで保険を使わなかった場合は、翌年は等級が1つ上がります。

 

 

ずっと無事故のままであれば、毎年等級が上がっていき、最終的には20等級まで上げることができます。

 

 

もし、事故を起こしてしまうと、事故一回につき等級は3つ下がってしまいます。

 

 

等級が下がってしまえば保険料が上がるので、事故を起こさないように気をつけましょう。

 

 

等級は保険会社を変更しても引き継がれるので、事故を起こした後に保険会社を変えても、等級はリセットされません。

 

 

逆に無事故で等級が上がっている方は、保険会社を変更しても保険料は安いままなのでお得です。

 

 

1等級と20等級では保険料に倍以上差が出てしまいます。

 

 

自動車保険の保険料を抑えたいならば、できるだけ事故を起こさないことが必要なのです。

 

 

最近では大人の自動車保険と言われる事故リスクの低い40・50歳の方に安い保険もあります。

 

 

等級ごとにどれぐらい保険料が割増、あるいは割引されるかは頻繁に改正されます。

 

 

また、保険料は保険会社によって料金が異なります。

 

 

自動車保険に加入をする時はチェックしておきましょう。